―旅愁―

旅愁を感じる写真を撮りたいですね、ハイ

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

近場で撮り始め

どうも、色々と多忙な日々を経て2月に突入してしまいました帝釈でございます。
そんなこんなで1月は一度足りとも撮影をすることなく終わってしまいまして、2月2日いよいよ今年の撮り始めとなった訳であります。というのも36号機が越谷までやって来たので出撃したという話で、それ以上の意味合いはありません。
1061列車は改正で動きがある様ですから重点的に記録をして行きたいところですね。
ということで定点へ。

EF66-36_20130204220450.jpg
1061 EF66 36(吹)
スカっと晴れてくれない空とスカのコンテナ、、、

EF65-2085.jpg
2078 EF65 2085(鶴)
まずまずの積載率

EH200-10.jpg
89 EH200-10(高)
この列車が64重連から変更されてはや11ヶ月、、、速いものです

続いて翌3日

123.jpg
2078 EF65 1091(鶴)

この日は快晴且つフルコンでやって参りました

EH200-12.jpg
89 EH200-12(高)
背景の電波塔が想像以上に五月蠅かったんで次回以降ここでの撮影は無さそうですね

と、まぁこんな物でしょう。
この時間帯の列車も日が伸びてくるのでこの光線で撮れるのも今のうちですね。

話題変わって、今後についてですが、理由は察していただくとして撮影に時間を掛けることができない状況が1ヶ月続く訳ですので、自ずから更新も少なくなってしまうのは致し方ないです。なおTwitterの方には毎日常駐しております、、、
撮影は改正直前の頃にご期待いただきたいと思います。
スポンサーサイト

| 貨物 | 23:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

EF210-301甲種回送

EF210-169 - コピー
70 EF210-169(吹)EF210-137 - コピー
66 EF210-137(岡)
EF66-102 - コピー3074 EF66-102(吹)EF66-33 - コピー
8863 EF66 33(吹)+EF210-301(広)
EF210-301 - コピー
はい、今回も夜行バススートで行って参りました、大船沿線での撮影でしたが6633が指名されたということで万々歳の結果とできました。こんな編成以後実現しそうにないですからね。
一日でも早く同機が押す姿を撮影したいものです。
この後は暫く撮影して横浜の方をぶらぶらしていたんですが特に収穫はなかったので割愛します。
簡単でしたが以上です。

| 貨物 | 22:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ゼロロク2機という

こんばんは、昨日7日の撮影報告の午後篇で御座います。
午前蓮田でやまばと号を撮影したのち東北線にゆられて上野、東京、そして東海道に乗り換えて大磯へと向かった訳ですが湘南新宿ラインの偉大さを再認識いたしました、、、
ということで早速950レから
EF210-140.jpg
950 EF210-140(吹)
950は荷物が面白い列車だけにいつものことながら釜次位コキが空っていうのが非常に惜しいです。
EF66-110.jpg
2087 EF66-110(吹)
素晴らしいまでの編成美(涙)曇ってたおかげで編成が引きたちました
EF66-52.jpg
3075 EF66-52(吹)
さて編成美を堪能した後はいよいよ本日のメインディッュ。こいつが通過する頃には日が差し今度は釜が引き立ちます!
実は若干の遅れを以って通過し、結構なスピードで通過。爽快なジョイント音もまた絶品で御座いました。
EF66-36.jpg 5097 EF66-36(吹)
そして本日3本目のゼロロクをこちらもおいしく頂きました!
朝方は雨も降っておりどうなるかと思われた撮影でしたが結果的にはヨロシイものとなりニタニタしながら帰宅の途に付きました。

| 貨物 | 22:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

往年の花形

お久しぶりです、52号機復活のニュースからはや2週間。七夕の今日にやっと抑える事が出来ました。
というわけでその報告です。
P7077609.jpg
9472M 189系H61(東チタ) ホリデー快速河口湖3号
この時期は小山からの延長運転をやってるんですかね?
P7077612.jpg 3072 EF6652(吹)
続いて52牽引の3072レ。なんか斜めになってますが、まぁ之は保険のつもりだったのでよし
この後信号トラブルによる抑止に見舞われながら先行電で蓮田へ
P7077625.jpg 9011M 485系A1+A2(仙セン)
 特急やまばと
抑止の為低速で入線。お陰さまでホーム中ほどからいい感じに撮れました。

前方に移動して撮影、磨かれた車体が美しいですね
P7077633.jpg
特急マークが485のスタイルを引き立てますね、ホリデー快速の写真と比較するとなおさらです。
とまぁ午前中の撮影はこの程度です。午後は東海道の方に出向いて参りましたんでまた後ほど記事に起こしていきたいと思います。

| 旅客 | 22:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

奇跡の復活

P8081484.jpg
去年の夏、天神川で抑えた写真である。
EF66-52、ゼロ番台で西日本からの転籍車、昨年広島運転所での訓練が終わって吹田で休車生活を送っていたこのカマが今復活するというのは想定外であった。
しかも入った運用がA1、いきなり我、越谷までのロングラン運用をやってのけると誰が予測したものか。
余りにも唐突な動きであり、鵜呑みにする事が出来なかった私は運用サイトの"52"の文字を眺めるほかなかった。
その金曜日といえば休みだったというのだから何とも情けない話である。
そんな悲話はともかく、52号機が復活したというのは大いに喜ぶべきことである。
私自身、35、54、と稼働釜が離脱してこのままゼロとなり得るのかなどとよからぬことを考えてしまっていた。
残っているカマは奇跡的とも言われた全般検査を通過した33、36号機、そこへ飛び込んできた52号機は褪色が進んだ残念な姿である。いつまで走るのか分からない。出来るだけ早く押さえておきたい。
そう焦る気持ちを抑えて、受験生という建前の下勉強をしていた今日一日。
来週には試験も迫っている。週末に首都圏運用入りしてくれることを願うのみである。

| 日々 | 22:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。